FC2ブログ

心の動き - DOKUSHOYA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の動き

こんにちわ。

DOKUSHOYAです。



前回、DOKUSHOYAが読書の世界へ入るきっかけとなった1冊の本を紹介しました。



前回の記事はこちら
http://dokushoya16.blog.fc2.com/blog-entry-3.html



そのとき出会った1冊の本のことを書いたところ、

『その時どんな心の動きがあったのか知りたい』

というお言葉を頂いたので今回は急遽内容を変更してお話したいと思います。



ブログを通してお話させて頂くようになってまだ日が浅い私DOKUSHOYAなんですが、

このようにメッセージを頂けることは非常に嬉しいかぎりです。



読んでくださっている方がいるというのは自信にもなりますし勇気ももらえます。

なので感謝の気持ちをもってできるかぎりお答えできればと思っています。






それではお話したいと思います。



この時出会った1冊の本。

内容は詳しく書きませんがこの本に出会ったときに起こった心の動きとは、

「こういう世界、生き方があるんや」

ということでした。



今思えば自分が無知なだけだったわけでですが、

無知であるが故にその時に受けたインパクトというのは絶大なるものでした。

それから読書の世界にどっぷりはまるわけです。



自然と本屋へ向かっていたり、気になる本をひたすら探していたり。

誰に強制されたわけでもなく、やらないといけないという気持ちがあるわけでもなく、

歯をみがいたりするのと同じようにほぼ無意識的に習慣化してしまったわけです。



自分のライフスタイルが1冊の本と出合ったことをきっかけに劇的に変わりました。

このライフスタイルの激変が心の動いた結果です。

そしてそれは現在も継続中です。



笑けるくらい自分でもびっくりです。

ただこういう感覚、経験を読書を通してたくさんの人にしてもらいたいと思っています。





今回は頂いたお言葉にお答えするという形で予定とは内容を変更してお話させて頂きました。

貴重なご意見を頂けることによって自分自身またさらに思考を働かせることができるので、

非常にありがたいことです。



気になること、聞きたいこと、話してほしいこと等なんでも構いませんので何かありましたら、

コメント、メッセージを頂けると嬉しいので気軽にしていただければと思います。

楽しみにお待ちしております。



次回、前回の続きである

「なぜ人生を豊かにするために読書をするのか?」

についてお話したいと思います。



最後まで読んで頂きありがとうございます。
~読書は世界を変える~
DOKUSHOYA
テンプレートを選ぶなら!
  DOKUSHOYAブログもこのKAETENテンプレートを使ってますよ~。
コメント
非公開コメント

経験し得る世界を追体験する

≪「こういう世界、生き方があるんや」≫

 「自分が経験し得る世界を追体験」出来るのは読書の魅力だと思います。
 おかげで、現実ではありえないような、とんでもない世界観を垣間見ることもあるので、ちょっとやそっとのことでは動じなくなりました(笑)

2012-12-03 13:00 | from タケゾウ

Re: 経験し得る世界を追体験する

タケゾウさんこんばんわ。
コメントありがとうございます。
「自分が経験し得る世界を追体験」
本当に読書の魅力ですよね。
たくさんの本を読了していくにつれ確かに自分自身も驚きというのが少なくなってきたとは感じます。
ただ読書を始めたころに感じた心の動きが忘れられず昔以上に心動かす本との出会いを求め探しまくってます。笑
読書を続ける理由の大きな1つです。
コメントを頂けたことでまた1つ考えることができました。
ありがとうございます。

2012-12-03 21:46 | from DOKUSHOYA

どんなブッ飛んだ事が起きても
「ああ、本でこう言うの見たな」と思えば
落ち着いて対処できますね、「ありえない」世界も
簡単に受け入れられるのが本の魅力です

2012-12-19 18:53 | from トサカラン | Edit

Re: タイトルなし

はじめましてトサカランさん。
コメントありがとうございます。
知っているだけでも大きいことって一杯ありますよね。
「ありえない」と思うことが実は思い込みだったと気付くことも
あったりとかそこがまたおもしろかったり。
本を読むことで無数の世界観を取り入れることができるので
その感覚を色んな人に伝えれたらと思ってます。

2012-12-19 19:39 | from DOKUSHOYA

トラックバック

http://dokushoya16.blog.fc2.com/tb.php/9-69959f68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。