FC2ブログ

Facebookのお話 ~考えただけで・・・~ - DOKUSHOYA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Facebookのお話 ~考えただけで・・・~

こんにちは。

DOKUSHOYAです。



数日前のお話です。

何日前かは忘れました。笑



Facebookのタイムラインをタラタラ見ていました。



もちろんFacebook知ってますよね?

やってるかやってないかは別として。



Facebookのお話もどっかでしようかなと思っていたんでついでにしようかな。



Facebookやってるんですよ。

DOKUSHOYAという名前ではなくて本名でですよ。

少ないとはいえ一応友達もいます。

ほとんど見てるばっかりです。

たまにイイネをつけたりコメントするくらいです。

全然活用できてない現状があります。



これはリアルの世界でのFacebookの現状なんですけど

実はDOKUSHOYAという名前のアカウントでもやってます。

このブログを立ち上げてすぐくらいについでに作ったわけなんですけども

ほぼ、放置です。



もちろん友達もいません。

Facebookやっている人がいたら一回DOKUSHOYAで検索してみてください。

見たらきっと悲しくなると思うんで。笑

正直今見られたら恥ずかしいです。






で、話を戻しますと数日前に本名でやってる方のFacebookのタイムラインを見ていたわけです。

タイムライン上には友達がつぶやいたことや写真などがずらずらと並びますよね。

それをタラタラ見ていました。



それでFacebookの大きな特徴の1つとして友達以外の人が投稿したものでも

自分のタイムライン上に出てくることがあります。

もちろんやっている人はわかっていると思いますが、友達以外の人がつぶやいたものを

自分の友達がイイネやコメント、シェアしたときに自分のタイムライン上にも現れます。



わかりますかね?



あれってよくわからないんですけど全てでてくるわけではないですよね?

どう選んでいるのかわからないんですけどどうなんですかね?



ま、わからないことは置いといて。

「○○さんが○○さんをイイネといっています」

「○○さんが○○さんにコメントをしました」

「○○さんが○○さんの写真をシェアしました」

こんな風に自分と全然関係のない人の投稿でも自分のタイムライン上に現れるんですよね。

Facebookの特徴の1つです。



逆に言えば自分が投稿した発言や写真などが全然関係のない人が見てるということですよね。

これってすごいことだと思いません?

ブログの世界ではありえないことです。



情報の拡散が半端ないってことです。

広げようと思えば果てしなく広げることができます。



自分に50人しか友達がいないとして直接的には50人に情報を伝えることになるんですが

その50人のうち何人かがイイネやコメントをしてくれることによって

その友達の友達にまで情報が広がります。



イイネしてくれた友達に100人友達がいたとしたら、イイネをしてくれたことによって

勝手にその100人の友達、自分からしたら友達の友達に情報が広がります。

そんな友達10人がイイネやコメントをしてくれるだけで1000人。

あくまで単純計算ですよ。



直接的には50人に情報を発信したものが100人、1000人、10000人・・・それ以上。

と自分の知らないところで勝手に広がっていくんです。

こんなイメージです。



こんな便利なものを全く活用できていない自分はバカだな~と思いつつ。






そんなFacebookの自分のタイムラインを見ていたらある人の投稿が現れたわけです。

もちろん自分とは全くの関係ない人です。

友達の誰かがイイネかコメントをしたから出てきたんですけど。



栗城史多さん



って知ってます?



登山家です。



この人のことが出てきたんです。

この人本人が投稿したのか違う人が投稿したのかは忘れましたが

自分の友達がイイネかコメントしたことによって自分のところに現れたんです。



私はこの人のことを知っていました。

メディアに取り上げられたり本も出されているので。

非常に男前です。






彼は今、奇跡への挑戦をしているようです。

というのも登山の影響で両手の指が凍傷になり右手の親指を残して

他の指全部第2関節から先を切断しないといけないらしいのです。



親指以外全部ですよ?

考えただけで・・・ですよね。



そう医師から宣告されたにもかかわらず彼は切断せずに粘っているという。

幸い今のところ感染症の症状が現れていないため粘ることができているようですが

もし感染症にかかれば命に関わります。



しかし彼は今できる精一杯の治療で”指を切断せずにすむ”という奇跡への挑戦をしています。



その文字と共に治療をする栗城さんの爽やかで力強い表情の写真が載っていました。



思わずジーンとしましたよね。



なんとも言えない感じ。






Facebookを通してこんな気持ちになるとは。



栗城さんのブログの方に同じ記事が載っているので1度見てもらえたらと思います。

名前で検索したらすぐ出てくるので。






このお話をしている今またジーンとしちゃってます。笑



ブログを見に行ってみてどう思ったか感想などをコメントしてくれたらなと思います。

ま、私にコメントしてもって感じでしょうけどね。笑






今回はFacebookでのお話でしたが、Facebookでも得られるもの、逆に与えられるものが

一杯あると思うのでやってないのならやってみてはどうですかね。

そしてDOKUSHOYAというアカウントの無残な状態も見てもらえればと。笑



ではまた次回。



最後まで読んで頂きありがとうございます。
~読書は世界を変える~
DOKUSHOYA
テンプレートを選ぶなら!
  DOKUSHOYAブログもこのKAETENテンプレートを使ってますよ~。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://dokushoya16.blog.fc2.com/tb.php/45-a5d090e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。